小林よしのり

    ref_l
    段ボール箱でAKBのCDが届いた

    段ボール箱でAKBのCDが届いた。意外に重い。
    CDはスタッフと親戚の子たちに配るが、
    もういっそのこと投票券だけを売ってほしい。

    ヲタたちはCDを部屋の中に積み上げたままにしていたり、
    まとめてどこかに捨てたりしてるのだろうが、
    わしはその両方とも出来ない。

    だが実はわしの仕事場にも、処分できない
    過去のCDが箱いっぱい残存しているのだが。

    これ、運営がタダでいいから回収してほしいよ。
    目的は投票券だけなのだから、CDはいらないんだよな。

    まったく道徳心が痛む。
    ヲタは道徳心ないのだろうか?

    申し訳ないが今回は、市川美織と小谷里歩に
    投票を集中させる。
    速報では二人とも圏外だったので危ない。

    しかし総選挙って、昔は選挙運動は禁止されていたのに、
    今じゃメンバーが土下座せんばかりのどぶ板選挙に
    なってしまったし、ヲタは上から目線で
    「もっと必死になれ」とメンバーに文句言うし、
    なんか嫌な雰囲気になったなあ。

    昔は無邪気に楽しんでいたが、今はもう醒めた目で
    見てしまう。

    とか言って、みおりん・りぽぽに票集中と考える時点で、
    やっぱり醒めてないのかもしれない。

    ああ、いやだ、いやだ。
    わしはヲタは卒業したのだ!
    http://yoshinori-kobayashi.com/7731/

    市川美織
    no title

    小谷里歩
    no title

    【【AKB48】 小林よしのり(61) 「申し訳ないが今回は市川美織と小谷里歩に投票を集中させる。二人とも圏外で危ない」】の続きを読む

    ref_l
    よしりんブログより
    「週刊文春の記事を見たが…」

    週刊文春の記事と写真を見たが、
    特に当時18歳の峯岸みなみが酔っぱらって
    男の膝に座っている姿には仰天した。

    この子はずっとこうだったんだな。

    しかし、丸刈り事件の前のことなら、
    今は生まれ変わっているかもしれない。

    問題は運営の退廃ぶりだろう。

    それとも芸能界はこういうものなんだろうか?

    咲良たんやはるっぴは、東京に来た時、
    運営に連れ回されるのを拒否しなさい。

    大人の世界は醜いから、週刊文春を
    立ち読みしておきなさい。

    いつも、スキャンダルが出ると失望し、しかし、
    市川美織の一生懸命さや、他のメンバーの
    一途さを見ては、やっぱり応援してあげなきゃと
    思い直し、AKBの被災地訪問の様子を見ると、
    立派なボランティアをしているなあと感激する。

    感動と失望の繰り返し。

    初期メンバーは、責任感のない大人たちのせいで、
    不良っぽい遊びも覚えているのだろうが、
    同時にAKBをここまで育てた開拓者たちだ。

    だから、峯岸も今は違うと信じてやりたい。

    内部に幼児性愛の馬鹿野郎が紛れ込んで、
    盗撮なんかしていた件も、運営がチェック体制を
    厳しくするしかない。

    やれやれだ。

    だが、間違いなく、AKBの楽曲のように、
    一途に夢を追いかけている子たちはいる。

    失望を希望に変えるだけの、
    素晴らしい子たちはいるのだ。

    http://yoshinori-kobayashi.com/7340/

    【よしりん翁「週刊文春の記事を見た。AKBには感動と失望の繰り返し・・・」】の続きを読む

    141201-0049020968a

    みるきーと指原は苦手
    http://yoshinori-kobayashi.com/6299/

    NHK・MJのみるきー(渡辺美優紀)ソロを見たが、
    ピンクのミニスカートが映えていて、
    衣装がMステーションの時よりいい。

    昭和のぶりっ子アイドルを彷彿とさせる楽曲だが、
    歌唱の幼さが浅田美代子みたいで、
    声質からいくと松本伊代を思い出させるが、
    これでもかと男を釣る迫力はそれ以上だから、
    おじさんも若者もみるきーのパフォーマンスには
    イチコロだろう。

    みるきーソロデビューのプロデュースは
    見事に成功している。

    じゃんけん大会にみるきーが優勝したのも奇跡だが、
    優勝のご褒美がソロデビューだったというのも
    成功の要因だし、スキャンダルからの
    みるきーの気迫の巻き返しで、新たなオーラを
    まとってきたようだ。

    週刊文春がわしをダシにしてスキャンダル報道を
    したときは、まだ知名度が大したことなかったが、
    今はあの時より存在感が大きくなっている。

    恐るべき女だ。
    毒婦タイプである。

    指原も毒婦タイプで苦手だが、みるきーも
    わしの苦手タイプになってしまった。

    今年もAKBグループの紅白をやるそうで、
    また審査員の依頼が来たが、今年はすんなり
    受けることにした。

    だが、みるきーと指原には会いたくない。
    逃げ回ろうと思っている。

    声をかけられたら、どう反応していいのか
    わからないのが、みるきーと指原だ。

    まゆゆ(渡辺麻友)とみおりん(市川美織)には
    会いたいが、大人の男を騙す毒婦タイプの
    みるきーと指原は苦手だ。

    審査員はいいが、どこかで遭遇しそうで怖いんだ。
    運営の方々はその辺の配慮をよろしくお願いします。
    141201-0048590642a

    【小林よしのり「渡辺美優紀と指原莉乃は毒婦」】の続きを読む

    asa_02
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 17:06:44.41 ID:a+jtD5UU0.net
    よしりんブログより
    「AKBまゆゆの自虐ネタはリベンジの始まりだ!」

    AKB48まゆゆ(渡辺麻友)が
    『恋するフォーチュンクッキー』を歌う前に、
    「この曲は皆さんも踊れる方は多いんじゃ
    ないでしょうか?
    『心のプラカード』より踊れる人がいっぱいいる
    あの曲ですね」
    と自虐的に言ったらしい。

    「なかなか浸透しないから諦めてる」とも
    漏らしたという。


    えらい!よく言った!
    このまゆゆの本音でわしの胸のつかえが下りた。

    わしはずっと秋元康のことを恨んでいたのだ。

    まゆゆは秋元康を恨むことはできない。
    せいぜい自虐しかない。
    その分、わしが恨んでやるからね。


    『恋チュン』はあまりにも曲が良すぎた。
    最近の日本の歌謡界でも奇跡のような名曲だった。

    その二番煎じと分かり過ぎる曲をまゆゆに
    与えるなんて酷すぎる!

    でもわしは『心のプラカード』を全タイプ買ったし、
    まゆゆが出るたびにテレビを見るようにしていた。

    応援したんだが、楽曲の差は大きすぎる。

    まゆゆのせいではない!

    まゆゆはこの自虐ネタを「心のプラカード」に
    書いて、歌えばいいのだ! 絶対ウケるぞ!
    (続く)

    【よしりん「まゆゆの自虐ネタはリベンジの始まりだ」】の続きを読む

    yAcxnlEQexQ2nsf1hm9exNuIEwV_qKM5jSd-4KHpwf8-image-full

    よしりんブログより
    「NMB48次の選抜メンバー発表に安堵」

    NMB48の次のシングルの選抜メンバーは
    白間美瑠と矢倉楓子のダブルセンターだという。

    なかなか見事な決断だと思う。

    わしが嬉しかったのはもちろん
    市川美織が入ったことだ。

    金子支配人にありがとうと言いたい。

    最近はAKBグループのメンバーが誰も彼も
    ナイスバディを誇って、グラビア対応を競ってるように
    見える。

    悪くはない。悪くはないんだよ。

    だが、中にはまだ少女なんだから、
    そんなに無理して乳を盛って見せる必要ないのに
    と思う子もいる。

    やっぱりサカリのついたヲタどもを意識せざるを得ないの
    だろうか?

    ブブカの後ろの方に載ってる迫力あるグラドルに、
    そういうのは任せればいいのに。

    そんな中で水着を嫌がるみおりん(市川美織)が
    愛おしくてたまらない。

    木下百花も女を武器に使わないのが魅力だ。

    それからりぽぽ(小谷里歩)の独演会を
    いつか見たいのだがなあ。

    http://yoshinori-kobayashi.com/5896/

    【よしりん「まだ少女なのだから無理して乳を盛るな」】の続きを読む

    c88c0bb0
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/09/19(金) 23:33:42.25 ID:8vUcAatJ0.net
    よしりんブログより
    「AKB48渡辺麻友の「赤いスイートピー」に陶酔した!」

    AKB48渡辺麻友の「赤いスイートピー」、
    なんちゅう可愛さ、なんちゅう透明感、
    なんちゅう清潔感、声の音色が心地よくて
    うっとりしてしまう。

    やっぱりバラード系がいいんじゃないかなあ。

    秋元康氏がやっとまゆゆに愛情を
    向けてくれてるようなので、次のソロシングルを
    本当に楽しみにしている。

    もう少し、大人っぽい楽曲にしてほしい。

    大人のファンを増やすような歌で、
    ソロでレコード大賞が狙えるような歌手に
    育ててほしい。

    ソロでレコード大賞の何かの部門に入る歌手が
    出たら、AKBのブランド力がさらに上がるのだが。

    わしはまゆゆがソロ歌手になることを願っている。

    http://yoshinori-kobayashi.com/5823/

    【よしりん「まゆゆの赤いスイートピーに陶酔した!」】の続きを読む

    ref_l
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 12:41:27.53 ID:1dFIr4dJ0.net
    AKB渡辺麻友はまだ「モスラの幼虫」だ!
    http://yoshinori-kobayashi.com/5657/

    まゆゆ(渡辺麻友)センターのAKB48
    『心のプラカード』が初週でミリオンを超えたそうだ。

    おめでとうというよりも、安堵したと言った方がいい。

    握手会を狙う狂気の事件のあと、
    握手会も厳重警戒体制となり、
    巨大なヲタ人数を持つ大島優子が卒業し、
    そしてあの『恋チュン』の二番煎じみたいな新曲だ。

    今度こそミリオン割れすると思っていた。

    ミリオンが至上命題となってること自体が異常で、
    そんな馬鹿な重荷をメンバーの誰にも
    背負わせてはいけないのだ。

    だがミリオン割れすると、アンチAKBの奴らや、
    アンチまゆゆの奴らが、ここぞと叩くに決まっている。
    それが心配でわしはヲタ復帰してしまった。


    AKBもそろそろ退潮期かと言う者もいるが、
    結局は楽曲次第、『恋チュン』みたいに
    一発名曲が出たら、また大注目になるのだ。

    現在の日本の音楽シーンで、誰にも親しまれる
    名曲が生まれる確率は、未だにAKBが一番大きい。

    新曲に期待を抱かせる歌手・ミュージシャンは
    なかなかいない。

    それだけAKBには作曲家が揃っていて、
    秋元康の企画力と作詞の発想が凄いのだろう。

    ひょっとすると秋元氏は盆踊りソングを
    定番化しようとしているのかもしれないから、
    『心のプラカード』は秋祭りに向けて、もっと仕掛けて、
    もっと大きく育てなければならない。
    だから今言うべきか迷うが、わしの理想から言えば、
    まゆゆの曲はあれではない。

    【【朗報】小林よしのりヲタ復帰宣言「まゆゆはワシが守る!」】の続きを読む

    ecea40a2
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/08/18(月) 16:21:54.25 ID:3dDtk5Hq0.net
    よしりんブログより
    「NMB48のアルバムはものすごい豪華!」

    今日からAKB48の東京ドーム公演だったらしい。
    お誘いが来て知ったが、残念だ。猛烈に忙しい。
    特にAKBの単独公演は見たかったなあ。悔しい。

    SKE48の『不器用太陽』は名曲なので買った。
    『恋よりもDream』が好きだ。
    かおたん、だーすーに谷真理佳が加わって、
    益々ブス度が増したが、憎めない元気な可愛さが
    漂うから、不思議な連中だ。

    NMB48のアルバム
    『世界の中心は大阪や~なんば自治区~』
    も買った。

    特典が凄い!

    各チームごとの公演のDVDが付いてるし、
    リクエストアワーの50曲も見られる。
    小谷りぽぽのスカイダイビングも楽しいし、
    ものすごいサービスだな。

    好きな曲ばかりだが、『奥歯』という歌と、
    『抱きしめたいけど』が好きだ。

    さや姉のソロの声がカッコいい!

    やたら分厚いアルバムだが、
    全部買って損はないアルバムだな。

    これからもっとじっくり聴く。

    yoshinori-kobayashi.com/5567/

    【よしりん「ドーム不参加&NMBもSKEも買って損なし」】の続きを読む

    06ed9fcd
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 13:57:45.94 ID:2mL2906v0.net
    ゴー宣道場ブログ「週刊文春を読んで思うこと」よりAKB言及部分


    AKSの元社長がカネ使いまくって、辞めさせられたらしい。
    篠田麻里子のショップにもカネ注ぎ込んで閉店か。
    一人一人の少女たちが努力をしてても、大人たちが不純なら、
    その弊害が全体を蝕む日がやってくる。
    少女たちのことを思えば、たとえ出入り禁止になっても説教
    すべき時はしておこうと思ってAKB評論家を演じてきたが、
    それが良かったのか悪かったのか、何にもわからない。


    www.gosen-dojo.com/index.php?key=joievq6qe-1998#_1998

    【よしりん「大人たちが少女たちの努力を蝕むのでは」】の続きを読む

    1: 豪商エマダイト ★@\(^o^)/ 2014/07/13(日) 18:30:04.62 ID:???0.net
    AKB48まゆゆに「心のプラカード」を読んでほしい

    AKB48まゆゆ(渡辺麻友)センターの
    『心のプラカード』を見た。

    びっくりした~~~~~~!

    まゆゆの美しさと可愛さが完全融合したオーラに
    魂を抜かれて見惚れていたら、
    「ぶぁいやいやいやいやい♪」って歌い始めるんだもん。

    「おぼっちゃまくん」かと思ったよ。

    この歌、おぼっちゃまくんが、
    沙麻代ちゃんを思う気持ちみたいじゃないか。

    可愛い歌だなあ。

    胸がきゅんきゅんして男子に戻れる歌だ。

    いくら年取っても、男子に戻れるか否かなんだよ。

    心まで老けてしまってはいけない。

    歌もダンスもシンプル・イズ・ベストで、低年齢層までの開拓を
    狙ったのかもしれないが、この曲を踊ってるときの表情が
    すごく良く見えるのは、まゆゆとぱるるだ。

    ぱるるも王道アイドルなんだなと再確認した。

    わしの「心のプラカード」にも
    まゆゆに当てた大事な言葉を書いておこう。

    でもさっしーに読まれたりして。

    なんて骨体!

    かなぴギャーーーーーーーーーース!
    http://yoshinori-kobayashi.com/5263/

    まゆゆ
    no title

    【【AKB48】小林よしのり(60) 「まゆゆの美しさと可愛さが完全融合したオーラに魂を抜かれた。胸がきゅんきゅんした」】の続きを読む

    06ed9fcd
    562d9e797a18df1fe502330400b0bed8
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/07/03(木) 01:21:32.92 ID:NKjfcRGS0.net
    よしりんブログより
    「DOCUMENTARY of AKB48」

    『DOCUMENTARY of AKB48』の第4弾を見た。

    もうマンネリになるかと思っていたが、全然違った。
    あまりにも面白くてスクリーンを凝視し続けた2時間だった。

    AKBの子たちは、仲間・同志・戦友の絆が強い。

    それは男なら考えられないほどで、ジャニーズがあんなに
    抱き合って泣いたり、慰めたりすることはないだろう。

    やっぱり女に独特の集団性があるようだ。
    それが面白い。

    チームが分裂するかもしれないと聞いただけで、
    泣きじゃくる西野未姫ちゃんが可愛い。

    その仲間意識を壊してしまうのが「大組閣祭り」である。

    やっぱり残酷だな。

    AKBから外されたと知ったときの、
    菊地あやか、佐藤すみれ、岩田華怜の表情、
    あの場に解説者としてわしもいたのだが、
    残酷さにテンション下がったからなあ。

    岩田華怜の悔しさもわかる。

    意外に強い佐藤すみれに驚く。

    菊地はあのとき怒っていたがそれは映ってない。

    市川美織も完全移籍だったのだが、
    あの子は小さな体に動揺を封じ込めて
    ポジティブに生きる立派な子だよ。

    全編、緊張感が絶えないのだが、
    みおりんのシーンだけが、その緊張感を緩和させて、
    思わず笑ってしまう癒しがあるのだ。

    劇場で岡田奈々が自虐的になってるときに、
    内山奈月が慰めてるのがいじらしい。
    original

    【【映画】小林よしりん『DOCUMENTARY of AKB48に「マジ」を見た』】の続きを読む

    このページのトップヘ