まゆゆ

    1: 豪商エマダイト ★@\(^o^)/ 2014/07/13(日) 18:30:04.62 ID:???0.net
    AKB48まゆゆに「心のプラカード」を読んでほしい

    AKB48まゆゆ(渡辺麻友)センターの
    『心のプラカード』を見た。

    びっくりした~~~~~~!

    まゆゆの美しさと可愛さが完全融合したオーラに
    魂を抜かれて見惚れていたら、
    「ぶぁいやいやいやいやい♪」って歌い始めるんだもん。

    「おぼっちゃまくん」かと思ったよ。

    この歌、おぼっちゃまくんが、
    沙麻代ちゃんを思う気持ちみたいじゃないか。

    可愛い歌だなあ。

    胸がきゅんきゅんして男子に戻れる歌だ。

    いくら年取っても、男子に戻れるか否かなんだよ。

    心まで老けてしまってはいけない。

    歌もダンスもシンプル・イズ・ベストで、低年齢層までの開拓を
    狙ったのかもしれないが、この曲を踊ってるときの表情が
    すごく良く見えるのは、まゆゆとぱるるだ。

    ぱるるも王道アイドルなんだなと再確認した。

    わしの「心のプラカード」にも
    まゆゆに当てた大事な言葉を書いておこう。

    でもさっしーに読まれたりして。

    なんて骨体!

    かなぴギャーーーーーーーーーース!
    http://yoshinori-kobayashi.com/5263/

    まゆゆ
    no title

    【【AKB48】小林よしのり(60) 「まゆゆの美しさと可愛さが完全融合したオーラに魂を抜かれた。胸がきゅんきゅんした」】の続きを読む

    5e6446b55595fdd377fcef21c5933422_0
    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 18:02:28.71 ID:IiyjVBwv0.net
    よしりんブログより
    「渡辺麻友の王道・保守は、最も過激である」

    中沢健くんが渡辺麻友を擁護していて、好感が持てる。

    「まゆゆは狂気を秘めている」
    「本来のヲタクキャラを隠している」
    「等身大のキャラではなく、テレビ的ではないがゆえに、
    まゆゆが1位になったのは、予定調和を壊している」

    素晴らしい分析だ!

    特に最後の「等身大キャラではない」という指摘は、
    わしが『AKB48論』で「大衆化」を批判したのと、
    通底している。

    宇野氏はこれを「昭和」の感性と言ってたが、
    だったら、まゆゆ1位に歓喜したファンも、
    AKBの初期メンバーたちも、
    すべてが昭和の感性だということになる。

    テレビ大衆的に、キャンディーズで伊藤蘭がセンターに
    なったときから、等身大キャラが大衆向けとなる
    アイドルの流れは始まっていた。

    だが今回のまゆゆは、その流れを止めたのであり、
    これは王政復古の明治維新にも匹敵する革命である。

    そもそも「王道」「正統」「保守」という言葉を、
    退屈と捉える感性が戦後民主主義的で古い。

    本物の「王道」や「保守」というものは、
    リベラルより、はるかに過激である。

    わしはそれを『大東亜論』で描いている。

    戦後リベラルに洗脳された人種には、
    渡辺麻友の凄みがわからないのだ。

    それから秋元康氏が「残るのは指原と峯岸」とか
    言ってるが、否と言っておく。

    渡辺麻友が残るだろう。

    芸能界の流れを昭和から分析すれば、
    もう見えていることだ。

    yoshinori-kobayashi.com/5100/

    【よしりん「まゆゆ戴冠は明治維新にも匹敵する革命」】の続きを読む

    このページのトップヘ